AUTHOR

  • 2020年3月22日
  • 2020年3月22日

いけばな と「万葉集」

  元号が「平成」から「令和」 となり その名前の「典拠」と なりました「万葉集」が脚光を 浴びています  この「令和」とは大宰府庁で 行われた 大伴旅人が主催した 「梅花の宴」で詠まれた三十二 首の序文の  于時、初春令月、氣淑風和、 梅披鏡前之粉 […]

  • 2020年3月21日
  • 2020年3月21日

お正月の「門松」とは

お正月の「門松」について  お正月にお店や家の玄関に松が 飾ってあるのを見る事があると 思いますが 何故 松を飾るの でしょうか?  日本には八百万(よおよろず) の神がいて その中からその年 の「歳神」が選ばれ その神様 が天より降りてくると信じら […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月20日

花を生けるとは

 「人の心 花のように」  「立てば芍薬 座れば牡丹」  「大和撫子」  「高嶺の花」  「両手に花」  「言わぬが花」  「美しい花には棘がある」  などなど 人の姿や行動 仕草 を 「花」に例える 故事は たくさん あります  もっと古くには「万 […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年4月25日

松瀞会について

 古流松瀞会は昭和4年、文京区 本郷において創流された 「古流」という流派のいけばな 教室です  松瀞会(しょうせいかい)では 今井宗晋によって始まった古流 の伝統生花(せいか)の神髄を 守りつつ その時代にあった 生け方の教授をしております  伝統 […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月20日

いけばな の始まり

 人は いつ頃から植物に興味を 持つようになったのでしょうか  日本では農耕生活が始まった 縄文時代より以前  だと言われています  その証拠として その時代の 遺跡から「花」や「葉」を 形どった 首飾りや土器が出土 しているからです  その時代の人 […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月20日

古流 とは

 「いけばな」の伝統流派の一つ である 「古流」は 江戸時代 に神田明神発祥の「いけばな」 であり  「古雅幽玄な風情 を慕う流儀」  という 足利時代のいけばな (相阿弥の生けた花)を慕って 一志軒今井宗晋が  江戸の町民に広めたもので 「古雅幽玄 […]